ponsaiブログ!

Twitter:@Riko_ponsai ラブライブ関連のことについてです!

秋葉原

f:id:ponsai0919:20170314212610j:image

所用で御茶ノ水行くことになったので、この際だから秋葉原から歩いて行こうと思い久々に秋葉原へ。

 

秋葉原UDXですが、やはりラブライブにハマる前と後ではここを通る時の感覚というのもまた違ったものになります。Aqoursにとっても、μ'sにとっても聖地と呼んで過言ではないでしょう。

 

f:id:ponsai0919:20170314212753j:image

じゃあ秋葉原来たしアニメイト行こうということでアニメイトへ。秋葉原アニメイトは自分でも意外なくらい行く機会が少ないです。大宮と池袋で大体事足りるのです。

 

しかし、ここのアニメイト、何が凄いかというと、Aqoursグッズのスペースが広いということです。大宮の比ではありません。余りにも衝撃を受けたものですから、明日も行こうかなとか少し思いました。

f:id:ponsai0919:20170314213004j:image

そして、そこで買った梨子のシャーペンです。これマジで買いたかったのですがなかなか見当たらなかったので、ここにはあるかな〜と思ったら、ありました!!

 

よかった〜と思いすぐに財布の紐を緩めてしまったのは言うまでもありません。梨子に貢がず誰に貢げと言うのでしょう?

 

f:id:ponsai0919:20170314213123j:image

御茶ノ水行く道すがら、神田明神を発見しました。神田明神ですよねこれ?間違ってたら恥ずかしい...

 

μ'sにとっては言わずもがな聖地ですし、Aqoursも訪れてますから聖地でしょう。今回は時間の関係上参拝することは叶いませんでしたが、こちらもアニメイト同様、また来るときには参拝しようと心に決めました。

 

やっぱ秋葉原って、いいよね。

クリアファイル

f:id:ponsai0919:20170313120036j:image

セブンイレブンにてクリアファイル(梨子、全員)をゲットしてきました。

 

前回の下敷きの時には争奪戦を予想し0時くらいに張ってたのですが誰も来なかったので 今回も大丈夫だろうと思い朝に行ったら案の定。1枚も減ってないのではないかというくらいでした。田舎ですねここ。

f:id:ponsai0919:20170313120214j:image

これ、梨子のファイルの裏側なのですが、1期の梨子詰め合わせって感じして非常にいいですね。シーンもいいところを切り取っています。さすがセブンイレブン、やるじゃないか!

ルーズリーフとボールペン

f:id:ponsai0919:20170312211349j:image

アニメイト大宮に立ち寄ったら、2年生のルーズリーフと梨子のボールペンがありました🌸

 

さすがに即買いでした、即買い。

 

そういえばシャーペンとかあった気がするけどまだ発売じゃないのかな...

最近好きなバンドの話

かねてからラブライブ!サンシャイン!!にハマっていることを惜しみなくアピールしている僕ですが、僕は音楽に関しては好みのジャンル(守備範囲)が広いので、様々な分野に手を出しています。アニソンはもちろん、ボカロ、洋楽、EDMなど...クラシックとジャズは正直あまり好みではないですが...

 

恐らくは、僕の好みというのの根底にJPOPがあるからだと思います。根底というのをもう少し分かりやすく述べれば、最初にハマったジャンルがJPOPなのです。もっと詳しく言えば嵐です。

 

もともと音楽に10年以上触れて生きていますから、音楽の感性は人よりも強いと思っています。(ただ、知識は多くはありません。)だから、色々なジャンルを抵抗なく受け入れられているのではないかな、と少し自己分析をしてみたり。

 

本題ですが、最近僕がハマっているバンドに関して少し述べようと思います。UVERworldについてです。

 

滋賀の草津で結成された6人組バンドで、結構歴史があるようです。なんでも15年くらいやっているらしく...そのUVERworldにハマったきっかけは「一滴の影響」という曲を聴いたことから始まりました。曲の冒頭から訴えかけてくるようなボーカル、サビの地鳴りのようなドラム、そして何よりも心に響くメロディが僕の意識を曲中に一気に引き込みました。

 

それからというもの、最近のバンドはもっぱらUVERworldばかり聴いています。(UVERworld以外にもUNISON SQUARE GARDENBLUE ENCOUNTも好きですから、「最近の」です。)

 

特に「0 choir」と「THE OVER」は好きな楽曲です。どちらも卓越したボーカルの力量が際立ちます。前者はライブで演奏すれば一気に観客と一体感を生み出し、会場をひとつにすることができるでしょう。後者は歌詞が人を想う気持ちを強く表現しており、イヤホン越しでもその気持ちが伝わります。

 

ところで、僕がそのUVERworldのライブに行きたい、と強く思うようになったのは最近の話です。

ボーカロイドのライブなら何回も行きましたが、バンドのライブは行ったことがありません。ボーカロイドのライブは、よく言えば畳み掛けるように、悪く言えば単調に曲が流れていきます。

一方バンドであれば当然MCがあります。なぜUVERworldのライブなのか、と言うと、曲中の語りかけ(叫び)に強く惹かれたことによります。(動画でしか見たことがないのであまり知ったような顔はできませんが、)特にそれに関しては、オーディエンスの心に響くような、不器用ながらも強く胸を打つ、そんなボーカルの叫びをライブ会場にて一体感を体に受けながら聞きたいと思ったのです。

 

ということで、これからはUVERworldにも注目していきたいと、そんなことを思う3月の上旬のお話でした。

 

「して頂いている」という意識

数日前にラブライバーの迷惑行為に関してのツイートが立て続けに話題になりました。僕自身、一ラブライバーとして憤り、恥ずかしい気持ちになりました。

 

もともとラブライブに興味のなかった僕がハマってからはラブライバーに対するイメージが劇的に良くなりました。

あ、なんだみんないい人じゃん

と。

 

しかし、1st Liveの盗撮の案件や今回の案件などにより、やはりまだ悪質な迷惑行為をする人が存在することを痛感しました。いわゆる「厄介」と呼ばれる人たちです。

 

「厄介」の存在はそのコンテンツに不利益しかもたらしません。ラブライブ!サンシャイン!!であれば、まずそうした「厄介」によって被害に遭われた店などのラブライバーに対するイメージは一気に悪化します。悪化すればラブライブ!サンシャイン!!を前に押し出すようなことはなくなります。見放されるわけです。見放されることが多くなれば、沼津全体がラブライブ!サンシャイン!!を拒否するようになります。拒否するようになれば沼津に行きづらくなりますし、キャストの方々も気まずい思いでロケなどをすることになるでしょう。

 

ことに長井崎中学校の貼り紙などはそれをラブライバーに強く警告するものです。私立の学校ならばいざ知らず、モデルとなったのが公立の学校で、その学校が貼り紙を出す、というのは実はとても危険な状況だと思います。後ろの沼津市が密接に絡んでくる問題だからです。

 

しかも、その貼り紙の内容が「敷地内に立ち入るな」というのも大変恥ずかしい話です。これが敷地内であるだけまだマシだと思った方がいいかもしれません。もしかすると、その周辺一帯が立ち入り禁止になる可能性さえあるのですから。

 

それは聖地巡礼をするという立場から言えば非常に厳しい現実を突き付けられることになるのです。浦の星女学院のモデル、というのはラブライブ!サンシャイン!!の聖地の中でもひときわ重要なスポットです。そのスポットのみならず、周辺まで立ち入り禁止にされては、聖地巡礼の楽しみも格段に減ってしまうでしょう。

 

また、菓南さんで言えば、ラブライバー立ち入り禁止、という事態にもなりかねません。キャストがロケにまで行ったお店が立ち入り禁止など、恥ずかしい上に悲しくてたまりません。

 

大切なのは、沼津のお店や企業などに支援「して頂いている」という意識ではないだろうか、と考えます。これまで述べてきたような事案は、全てがファンの「傲慢さ」によるものです。それがある以上、迷惑行為はなくなりません。なぜお店や企業がラブライブ!サンシャイン!!というコンテンツにここまで協力して頂いているのか、それはファンが多く来て利益が得られるから、でしょう。もちろんお店などであれば純粋にラブライブ!サンシャイン!!が好きだから、という理由で協力して頂いている面もあると思います。しかし、凡そは前者の理由の割合が多いと思います。

 

しかし「客」としてではなく「一個人」として考えてみた場合、迷惑行為をされたらどうなるでしょうか。先程も述べた通り、「もう関わらないでくれ」という話になるのです。人間同士の付き合いですから当たり前のことですし、それにより減ってしまう金銭的な利益より、関わらないことによる精神的なメリットが勝るのではないでしょうか。

 

それはファンにとってとても悲しいことです。一部の「厄介」のせいで全体がそういう目で見られることになるのです。そういう話はすでに何回もあるのにも関わらず、今だに迷惑行為がなくならない、迷惑行為をする人がいるという現実がどれだけ悲しいものかを考えなくてはなりません。

 

全て自分に跳ね返ってきます、最終的に。それが考えられれば物事の分別が自然とつけられるはずですし、迷惑行為も自ずと減るはずです。

 

僕もこれから沼津に行く機会が訪れると思いますが、そこで聖地巡礼をする際にはファンである前に「一個人」として、様々な人に「して頂いている」という意識を強く持つべきだと、今回の件で改めて強く感じました。

ブログ開設

ブログを開設しました。この時期に。

特に決定的な開設理由があるわけではありませんが、なんとなく始めてみます。結構考察記事とか書かれてる方もいるようなので。僕も興味ありますし。

ここではオタク活動や人生のことなど、思ったことを書きます。ツイッターでは賄いきれないと判断したためです。

まぁ見る人はホントに少ないと思いますが、もしよければご覧くださいませ。